Adobeは、Adobe Analytics Cloudに音声分析機能を追加したことを発表した。これにより、導入企業はAmazon Alexa、Apple Siri、Google アシスタント、Microsoft Cortana、Samsung Bixbyなどのあらゆるプラットフォームの音声データを分析し、Adobe Senseiの人工知能(AI)と機械学習機能を活用してよりパーソナライズされた顧客体験を提供できるようになる。

同機能では、Adobe Senseiの人工知能(AI)と機械学習機能で補完された音声データの詳細分析により、オーディエンスに対する確実なインサイトやレコメンドを得られる。くわえて、従来は手動で行っていた分析を自動化することができる。

さらに、そうして得られたインサイトに対してより素早く行動を起こし、最適な顧客体験を実現するほか、電子メールや広告といった他のタッチポイントにも情報提供が可能になる。

 

 

【関連記事】