米Microsoft Corporationは10日(現地時間)、「Windows 10 November Update(バージョン 1511)」や「2007 Microsoft Office Suite(Office 2007)」のサポートを終了した。

2017年10月10日でサポートが打ち切られる主なMicrosoft製品は以下の通り。これ以後はセキュリティ更新プログラムを含めたアップデートが提供されなくなるため、後継バージョンへの移行が必要となる。

Windows 10 Version 1511Microsoft Excel for Mac 2011Microsoft Office for Mac 2011Microsoft Outlook for Mac 2011Microsoft PowerPoint for Mac 2011Microsoft Word for Mac 20112007 Microsoft Office Servers2007 Microsoft Office SuiteMicrosoft Customer Care Framework 2008Microsoft Dynamics GP 10.0Microsoft Dynamics SL 7.0Microsoft Expression Blend Microsoft Expression DesignMicrosoft Expression Media Microsoft Expression StudioMicrosoft Office Groove 2007Microsoft Office Groove Server 2007Microsoft Office Project 2007Microsoft Office Project Server 2007Microsoft Office Project Portfolio Server 2007Microsoft Office SharePoint Designer 2007Microsoft Office Visio 2007Microsoft SharePoint Server 2007Microsoft Visual J# Version 2.0 Redistributable Package Second EditionMicrosoft Windows SharePoint Services 3.0

なお、専用ビューワーの「Excel Viewer」「PowerPoint Viewer 2007」は「Office 2007」ベースとなっているため、「Office 2007」とともにサポート終了となるので注意。姉妹製品「Word Viewer」は「Office 2003」ベースであるためすでにサポートを終了しているが、11月にはダウンロードによる提供も終了することがすでに発表されている。

 

 

 

【関連記事】