ファイルにはアクセス権限の設定があり、指定されていないユーザーは操作できなくなることがある。とはいえ、自分しか使わないPCなのに、削除できないファイルが見つかることもある。ストレージを脱着したり、OSをアップグレードしたときに出やすい。そんな時は、管理者アカウントでサインインし、そのファイルのアクセス権を自分に付与すれば、削除できるようになる。手順は長いが、シンプルなので順を追って操作していこう。

今回、エラーを起こしているファイルを用意できなかったので、標準では削除できないフォントファイルを例に操作してみる。まずは、削除したいファイルの右クリックメニューから「プロパティ」から「セキュリティ」タブを開く。すると、「Administrators」をクリックしても、「フルコントロール」の許可が与えられていないことがわかる。そこで「詳細設定」をクリックする。

アクセス権限を管理できる設定画面が開くので、「所有者」のところを見てみよう。「Administrators」以外のユーザー名になっているなら、「変更」をクリックする。「ユーザーまたはグループの選択」画面が開くので、「検索」をクリック。ユーザー名の一覧が出るので、「Administrators」を選択して「OK」をクリックする。さらにOKを押すと、プロパティ画面に戻るので、「Administrators」を選択しよう。

すると、今度は「アクセス許可」を操作できるようになっている。ここで、「許可」の「フルコントロール」にチェックを入れ、「OK」をクリックすれば完了。削除できなかったファイルを削除できるようになっているはずだ。

これで解決!

管理者アカウントをファイルの所有者に設定してから、フルコントロールのアクセス権を付与すればいい。

 

 

【関連記事】